黒はありのままを映し出す

 このところ、可愛らしい七五三のお支度とお教室で忙しくしております。

 さて、7月から始まりましたプロコースは
回も進み中盤に差し掛かりました。
 只今取り組んでおりますのは留袖です。

 留袖は紋を付けて着る着物。特に黒留袖は染め抜き日向五つ紋をつけて、ミセスの第一礼装になります。

 現代着付け中では 一番技術を求められる着付けになります。

その訳は…

 まず紋です。正しい位置に紋が位置するように着付けなければならず、気が抜けません。

 次にその色です。
黒は誤魔化しが効かない色です。体のラインが最もハッキリする色だからです。
 着姿にはみえない部分がフレームとして浮き上がってきたり、帯のラインや小物までもハッキリ映し出します。
 着付けの善し悪しが際立つ色なのです。

 さらに、着物を着る際は写真を撮る機会も多いもの。ましてや、留袖はスナップ写真ほか記念の写真や集合写真も多いのです。黒留袖がズラリと並ぶということもあります。
つい見比べてしまいますね。

 余談ですが、黒は肌色に馴染まず、コントラストをつけて 顔色もまたありのままを移します。
 黒留袖を、着るときはナチュラルメイクではなく 目鼻口とポイントを作ることが大切です。(色数は重要ではありません。)

 このように、紋の出方を気にした 丁寧な下地づくりと確実な着装によって、どこから見えても美しい着姿に仕上げなければなりません。
 そのためにはかなりの技術を必要とするのです。 
そのため、訪問着よりも高めの値段設定をするお店もあるほどです。(当方同じ値段です)

 プロコースでは、回が進んだ中盤にカリキュラムを組んでいます。中だるみせず、着実に技術を習得して下さい。レッスン生達は着実に身につけてきています。
 後、半分一緒に頑張りましょう。

 プロを目指す方、美容師さんでスキルアップを目指す方など頑張っています。
 ご参加ご希望の方はお気軽にご連絡下さい。


レッスン生の着付け、あともうひと息!!

愛され着物いずみ 出張着付け 着付け教室 川崎市 溝の口

川崎 横浜 東京  出張着付け 着付け教室 和のパーソナルカラー診断 顔タイプ診断&メイク お一人おひとりが 輝ける着物ライフを 応援します!