秋色のコーディネイト

 朝晩すっかり涼しくなりました。 

着物を着てお出かけにちょうどよい季節です。

 そして、もうすぐ袷の季節です。 けれど、日中日差しが強い日はまだまだ単衣が欠かせませんので、しばらくは単衣も仕舞えそうにありませんね。

 

 お教室では 秋の装い の 話題で盛り上がっています。  

 

 ご相談がありました。 

紅樺色の紬です。 光沢と節があり、大人の女性にぴったりのお着物。

単衣とあって 博多帯に合わせることが多いとか。 「もっと秋の装いにぴったり着こなしたい」と ご要望です。


一番長いレッスン生です。さすが、着付けはパーフェクト!!


 「黄土色」の 帯締め と 木製の「葉っぱ」の帯留 を プラス

帯揚げは 「薄紅梅色」と 「卵色」のツートン、片側ずつ 別の色を出してみました。

少し若々しく装いたい時は「薄紅梅」、大人らしく装いたい時は「卵色」でまとめると イイ感じがします。

 秋が深まったら 帯を変えて、小物の色も深みをあるものを持ってくると よさそうです。

 また、半襟に色や柄を取り入れてみるのも 素敵!

  

 素朴な風情の着物ですから、民芸調でまとめたり、季節柄の帯とは 相性抜群です。そんな帯をさがしてお店めぐりをするのも 楽しそう。 


 

 葉っぱの帯留は 私のお手製。 なんと箸置き! に 帯留の金具を付けただけのプチプライス。 

 秋の夜長に 手作りを してみるもの いいですね。 


 みなさまも この秋 コーディネイト や 手作り小物 楽しんでくださいませ。


愛され着物いずみ

出張着付け 着付け教室 和のパーソナルカラー診断 顔タイプ診断&メイク お一人おひとりが 輝ける着物ライフを 応援します! 川崎 横浜 東京