ママが華をそえる?!

 お子様行事のママ着物についての内容が続きます。


 ママ着物は 優しい色目で 控えめな装いをしましょう! とお勧めしています。


 とはいえ、男の子達がいるママさんは 行事の時は 自分が 華(差し色)にならないといけません。 もちろん、主役はお子さんですが スーツにしても着物にしても 明るめの色を是非着てください。


 我が家は 特に 男の子二人なので、行事になるとパパを含め みんなグレー、黒、紺色のバリエーション。 そこで私が 柔らかい明るい色の着物を着ないと写真が暗い色ばかりになってしまいます。

 ですので、敢えて水色なども避けて ピンクや桃色をなど赤みの入る色を選んでいます。


桃色の付け下げ と 袋帯のコーディネート 

 祖母も黒を着ているので、全体が暗いですね。 さらにパパのネクタイも紺色で・・・・。

これ以来、パパも記念写真の時は明るい色のネクタイにしています。 

着物の色が明るかったのが、救いでした。


 可能なら 背景の色を変えてもらうという手もありますが、

やはり 家族の服装の色のバランスを考えて 着物の色を考えるといいですね。


 着物は一つしかないわ! で、色が選べない場合は 小物の色を工夫すると良いですね。


 男の子のママだけでなく、女の子のスーツなどでも言えることなので、

ご参考になさってくださいませ。



 


愛され着物いずみ

出張着付け 着付け教室 和のパーソナルカラー診断 着物で出会う『新しい自分』 お一人おひとりが 輝ける着物ライフを 応援します!  川崎 横浜 東京  冠婚葬祭・結婚式、披露宴、結納、成人式、七五三、お宮り、入学式、卒業式 、授章などの式典、ご葬儀、法要、パーティ、振袖、留袖、紋付袴、訪問着、付け下げ、色無地、卒業袴、小紋、ゆかたなど、ご自宅や外出先でお支度できます。