子供の行事にはどんなママ着物がいい?

 先日のブログで、入学式や卒業式に ママ着物をお勧めしました。


では どんな 着物が 子供の行事にふさわしいのかと 聞かれることが多いです。


 私が子供の頃の母親たちは 着物に紋付の黒羽織というのが定番でした。

今はもう見かけませんが、当時は大流行りでした。

着物姿にも トレンドがあるんですね。


 さて、では今の装いとしては・・・


 まず、『お子様の行事』に付き添われるということを第一に考えます。 

 あくまでも主役はお子様ですので、あまり華美にならないこと。

着物や帯、小物の色や柄を 優しい色でまとめるのが一般的です。

季節も考え、春に相応しい色目もいいですね。


 私がお勧めするのは 色無地や 古典柄の付け下げです。 

柄によっては訪問着や小紋でも良いです。

 気をつけて欲しいのは 柄の季節です。春なので、秋草模様などの訪問着は避けたいところです。

(四季織り交ぜの草花があるものは 季節問わず安心です)

 小紋は総柄ならば色が控えめなものなら可能です。色が濃いものはカジュアルな印象になります。

古典柄などの飛び柄などもOKです。


 帯については その着物の雰囲気に合うものでしたら、訪問着や付け下げには袋帯、小紋や色無地でしたら織り名古屋帯でも 大丈夫です。染めの名古屋帯であれば、塩瀬の生地で 着物との相性や式典に向く柄なのかを考えてください。


紬は着物・帯共に、式典には不向きです。

 また、多少の刺繍などがついていてもいいですが、白の半襟や足袋が良いでしょう。 反復にはなりますが、お子様が主役ですので、ママは控えめに!


 お子様の行事に参列されるママ着物は お子様をお祝いしつつ、控えめなものが 場に沿う装いとなります。 




 



愛され着物いずみ 出張着付け 着付け教室 川崎市 溝の口

川崎 横浜 東京  出張着付け 着付け教室 和のパーソナルカラー診断 顔タイプ診断&メイク お一人おひとりが 輝ける着物ライフを 応援します!